ワキや胸、肘、膝、毛穴、下着の跡の黒ずみなど様々な黒ずみのケアをご紹介しています。

menu

黒ずみケア情報

時々元カレにデリケートゾーンの黒ずみを指摘された時の屈辱が
不意にフラッシュバックすることがあります。

「この辺り黒いねぇ。。何人の男とヤッてきたの」

その瞬間
あまりに頭にきて
ソノ気も失せました。

確かにその頃デリケートゾーンやビキニライン周辺が黒ずんでいて
わたしも悩んでいました。

だからいつも暗くしていました。
その時はついつい彼に流されて電気を消していませんでした。

黒ずみがあったのは事実です。
でも
だからといって何人の男と、、、、
あまりのデリカシーの無さと浅はかな知識の彼に瞬時に熱が冷めました。
人生最大の女としての屈辱でした。
096294

それからの私は必死で黒ずみケアに励みました。
わたしの黒ずみを助けてくれたのはヴィエルホワイト。
   ↓ ↓
【VL WHITE(ヴィエルホワイト)】

こんなとこ人に見られるなんて恥ずかしいし、皮膚科なんて絶対行けない。
たとえお医者さんでも他人に晒すなんてマジ嫌!
そんな時にみつけたのがこのエッセンス。

痒くなったり、ベタベタするのが嫌だとクリームを敬遠していた私に
ピッタリでした。

ヴィエルホワイトは3種類の美白成分、ハリアップのためのコラーゲン、
さらに保湿成分や、敏感なデリケートゾーンを保護するための成分が贅沢に
配合されているし、着色料、紫外線吸収剤、動物性原料、シリコン、パラペン
無添加で低刺激。
なんで安心して使えます。

この石鹸も使っています。
   ↓ ↓
生ジャムウソープ

デリケートゾーンの嫌な臭い(オリモノ、生理、汗の臭い等)や、
黒ずみになる元をしっかりと洗い流し、自然の香りを優しく保ち続けてくれます。
気に入らなかったら全額返品してくれるというので試しに使ってみたら
とっても良かったので今も使っています。

私のその頃の私のショーツといえばセクシー系のちっちゃなピチっとした
ものが多かったです。
ピタッと肌に密着してもお尻が締まっていたのでショーツとお尻に
醜い段差ができないのが密かに自慢でした。

でもこれが黒ずみを作っていたようです。
締め付ける下着はお肌のメラニン色素を誘発してしまい
刺激を受けた皮膚の部分が黒くなってしまいます。
また刺激から皮膚を守ろうと防御反応が働きその部分の角質が
どんどん厚くなっていきますます黒ずみが取れなくなっていきます。

今はお腹すっぽりタイプのあの頃の3倍はあるショーツを着けています。
局所的な締め付けや圧迫はこれで避けられます。

あ、でも勝負の時だけは小さいビキニですが♥

もちろん
あのデリカシーのない彼とはその後別れました。
分かれて良かったです。
だってその御蔭で今の彼に巡り会えたのですから♥

関連記事

コメントは利用できません。