ワキや胸、肘、膝、毛穴、下着の跡の黒ずみなど様々な黒ずみのケアをご紹介しています。

menu

黒ずみケア情報

227443

昔、学生時代に付き合った彼氏がいた。

彼は同じテニスサークルの2年先輩。
大学に入学してすぐ入ったテニスサークルは体育会の
テニス部ほど厳しくなかったけどジュニア上がりの強
いメンバーも混じっててサークルとしては強い方だった。

メンバーの構成は子供の頃からテニススクールのジュニ
アクラスでやってる本格派が三分の一、テニススクール
にかよっているスクール派が三分の一、本当の初心者が
三分の一。

練習はジュアに上がりの元本チャンの先輩がコーチと
なって練習する。
そしてそのサークルでは月に一回サークル内のランキング
決めのサークル内大会がある。

私はサークルでの練習の他にテニススクールにも通っていた。
徐々にサークル内でランキングを上げていたけど子供の頃か
らやっている元ジュニアたちには勝てなかった。

私はどんどんテニスにのめり込んで行った。
夢中で練習する私にサークルの先輩のKさんが目をかけ
てくれてふたりでコートを取って練習することもあった。

サークルでは年に何度か泊まりで合宿をやった。
合宿を企画する先輩が超温泉好きということもあって
合宿の宿泊先は温泉旅館。
女子メンバー全員で入る露天風呂が楽しかった。

そんな時に眼を引くのが1年先輩のユカさん。
顔は美人じゃなくどっちかというと地味な顔だったけど
こんがり日焼けした肌がシミひとつ無くてともかく
すべすべできめが細かくて美しい肌だった。

それにひきかえ私の肌はまだアトピーの名残があって
敏感肌でいつもどっかがガサガサだった。

きれいな肌~!

うっとり見つめた。

ユカさんはジュニア上がりじゃないけど天性の運動神経
の良さでサークル内の練習だけでとても上手くなった人。

ユカさんは私に練習を付けてくれるKさんとも仲が良かった。
私とKさんが練習している時によくユカさんも来るように
なった。

ある時ユカさんと私が交互にKさんとラリーした。
ある日のラリーで私がKさんとラリーしている時に
私の後ろのエンドライン奥にユカさんがいた。
ユカさんが聞えよがしに呟いた。

Kさんのボールは何でも取るのねー
Kさんの忠犬ハチ公みたいー

わたしは猛烈に頭にきたけど我慢した。
ホントはその場でラリーをやめて

一生懸命ボールを打ってるだけじゃない!
なんで酷い言い方するんですか!

と、言い返したかった。

それから半年後、Kさんと私は付き合うようになった。
その時Kさんからユカさんと前付き合っていたと言われた。
サークル内では内緒で付き合ってたらしい。

だからあのユカさんの忠犬ハチ公みたいという呟きは
嫉妬からでた言葉だったと思う。

私と付き合うようになってKさんはユカさんと別れた。
ユカさんはサークルをやめた。

彼とベッドを共にするようになってから

いつも
いつも
いつも

その度に

露天風呂で見たユカさんの滑らかな肌が思い出される。
Kさんは何故あの肌より私のガサガサの肌を選んだんだろう。
Kさんはあの肌に同じことしてたんだ。。。

あれから何年も経ったけど
今でもそれが私のコンプレックス。

恋には勝ったかもしれないけど肌で負けた。
アトピーの跡がひどかったあの頃より今の私はしっかり
お手入れしているからまだマシだけど。

どこかで偶然会ったら
きとまだユカさんの方が肌は綺麗だろうなって確信してる。

ともかく!
せめて下着跡の黒ずみはとっとと治さなくては!
 ➔薬用美白クリーム【ホスピピュア】

関連記事

コメントは利用できません。